【VBA学習】配列の基本的な使い方を覚えよう!

VBAなどの多くのプログラミング言語には、「配列」という機能が備わっています。

配列というのは、一つの変数の中に複数の値を持たせることのできる機能です。

 

配列とは何なのか、どんな時に使うのかも交えて解説していきます。

続きを読む

【VBA学習】関数「Sub」と「Function」の違いと使い方

これまでの学習でVBAの基礎的な書き方を紹介してきました。

なので、今まで学習したことを組み合わせれば、簡単な処理なら作れるようになっています。

 

今回は、さらに一歩踏み込んで「関数」というものについて紹介していくのですが、これが結構難しいのです。

突き詰めていけばかなり難解で難しくなっていくので、ここで紹介するのは、意味と基本的な使い方についてです。

とは言っても、基本的な使い方さえマスターしておけば、関数についてはこれ以上知識は必要ないと思います

関数はプログラミングをするうえで欠かせない存在なので、ここで詳しく解説していきます。

続きを読む

【VBA学習】繰り返し処理に便利なWhile文の特徴と使い方

前回の記事で、処理を繰り返し行いたい時に使うFOR文について紹介しました。

【VBA学習】処理を繰り返したい時便利なFOR文の使い方

しかし、FOR文の場合、繰り返したい回数が決まっていないと使う事が出来ません

今回紹介するWhile文繰り返したい回数がわからない時、繰り返しを行う場合の条件を設定して繰り返し処理をさせることが出来ます。

続きを読む

【VBA学習】分岐パターンが多い時に便利!Select Caseの使い方

これまで、処理を分岐させる方法としてIF文を紹介してきました。

IF文は条件結果の真偽によって分岐、ElseIfを使う事でさらに追加条件を指定して分岐させることが出来ました。

しかし、分岐パターンが多くなると、ElseIfが乱立してしまいコードの見栄えが悪くなってしまいます。

そんな時に役立つのが「Select Case」文です。

今回は「Select Case」の使い方について紹介していきます。

続きを読む

【VBA学習】IF文をさらに分岐させるElse・ElseIfの使い方

IF文は処理を分岐させる時に役立ちます。

前回の記事ではIF文を使って処理を分岐させる方法を紹介しました。

【VBAの基礎】IF文の使い方を覚えよう!

しかし、前回は条件が当てはまった時に行う処理だけを記述していましたが、条件が異なった場合にもさせたい処理がある場合、さらに処理を分岐させることが出来ます

続きを読む